未分類

ネットビジネスは専門的な事務スキルは必要か

ネットビジネスは、パソコンやスマホなどを使う事になります。ですからそのビジネスが未経験の方々は、高度なパソコンスキルが必要であると思っている事もあります。確かに知識などは必要ですが、あまり高度なPCスキルまでは求められない事が多いです。

ネットビジネスでは専用ソフトなどを使う事になるか

確かにネットビジネスは、スマホやPCなどで作業する必要はあります。ホームページを立ち上げたり、文章作成が必要な事もあります。ネットオークションでビジネスに着手するなら、オークションのサイトで出品しますし、確かにPCやスマホは使う事にはなります。
ところでパソコンを使う作業と聞くと、表計算ソフトやシステム操作などがイメージされる事も多いです。確かに一般企業では、表計算ソフトに色々な数字を入力したり、システムで何か特殊な操作をする事もあります。企業によっては、作業スピードが求められる事もあるのです。
そのイメージが強いと、ネットビジネスは専用ソフトのスキルが必要であると思われるかもしれません。

高度な事務スキルが求められる訳ではない

結論を申し上げると、たいていのネットビジネスでは専用ソフトは不要です。それどころか、上述のような事務スキルは求められないケースも多いです。
確かにパソコンを全く使わない訳ではありません。アフィリエイトというビジネスなら、ブログやホームページなどに掲載する文章は考える事になりますから、最低限のタイピングのスキルがある方が有利ではあります。またオークションに出品する時も、商品説明文は考える必要がありますし、商品画像もアップする事にはなるのです。
ですが、高度な事務スキルが求められる訳ではありません。そもそもアフィリエイトというビジネス自体は、誰でもできます。ブラインドタッチできなくても、そのビジネスを始める事はできます。オークションに出品するのも、ブラインドタッチやソフト操作できなくても問題ありません。

事務ではなく別の知識やスキルが必要

ネットビジネスで必要なのは、むしろ販促に関する知識やリサーチ能力です。アフィリエイトというビジネスならば、商品を多く売る為の知識を覚える方が大切です。ブラインドタッチよりも、その知識の方が優先順位が高いのです。
またアフィリエイトなら、様々な数字データを分析したり、色々な方々のニーズなどをリサーチする能力が求められます。それはブラインドタッチやソフトの操作スキルよりも、優先順位は高いです。事務スキルというより、また別のスキルや知識が求められると考えて良いでしょう。

時間のないサラリーマンにおすすめの副業とは?

副業をして、収入を増やしたい。サラリーマンをしていると、副業をして、自分のお小遣いを増やしたいと思いますよね。

しかし、サラリーマンは、残業があったり、家庭のことをやったりなど、時間がありません。少ない自由時間に無理をしても、普段の仕事に支障をきたす可能性もあります。

そこで、時間のないサラリーマンにおすすめの自宅でできる副業方法について紹介します。自宅で行えれば、移動や副業のための準備が必要ないので、無理なく副業をして、収入を増やせます。

1.クラウドソーシングサービスを使う
1つ目の副業方法は、クラウドソーシングサービスを使うことです。クラウドソーシングサービスは、インターネットで、企業や個人のサイト・ブログの記事を書いたり、イラストを書いたりして、収入を稼げるサービスです。

クラウドソーシングサービスで副業するには、パソコンとインターネットの環境があれば行えます。

サービスに登録すると、色々な仕事がありますが、簡単な文章が書ければ、月に数千~数万円を稼ぐことができます。

2.ブログアフィリエイト
2つ目の方法は、自分でブログを作成して、アフィリエイトをすることです。アフィリエイトは、自分で運営しているブログやサイトに広告を貼りつけ、その広告を経由して、商品を購入してもらったり、サービスに登録してもらったりして、収入を得る方法です。

ブログを作ったことがないと、ハードルが高いように思えるかもしれません。しかし、無料で作成できるブログサービスを使えば、お金を使わずに、副業を始めることができます。

3.グーグルアドセンス
3つ目の方法も、自分でブログを作成して、副業する方法です。こちらは、自分のブログに、グーグルが提供している広告サービスを貼りつけて行う方法です。

ブログアフィリエイトと違い、グーグルアドセンスは、広告をクリックしてもらった時点で収入が発生すします。

グーグルアドセンスを始めるには、グーグルが行っている審査を通過する必要があります。審査を通るには、ある程度、ブログの記事を書き、ブログの内容を充実させている必要があります。

ブログの内容が充実し、グーグルの審査を通れば、あとはクリックしてもらうだけなので、ブログ初心者でも、収入が得やすいことが特徴です。

4.まとめ
時間のないサラリーマンでも、自宅でできる副業方法を紹介しました。副業方法は、3つです。

1.クラウドソーシングサービスを使う
2.ブログアフィリエイト
3.グーグルアドセンス

以上、3つの方法であれば、自宅で副業し、自分で自由に使えるお小遣いを稼ぐことができます。自分にあった方法で、副業できると良いですね。

様々なライフスタイルに合わせた働き方

アフィリエイトなどのネットビジネスは完全な在宅ワークであり、誰でもすぐに始めることが可能です。

最近では経済が不況になったことにより、お給料が上がらないという悩みを抱える人々が副業で始めるケースも多いですし、子供がいる、親を介護しなければいけない、持病がある、などという理由で仕事に行けない女性たちが気軽に始められるお小遣い稼ぎとしても注目を集めています。
アフィリエイトの主なウェブサイトにはランサーズとクラウドワークスというものがあり、多くの人が利用しているクライアントとしても大手企業などが利用するケースもあり、ライティングやネーミングのみならず、動画作成や外国語への翻訳など、様々な仕事が紹介されているのです。
このように聞くと、なんとなく専門知識がなければ始めることができないように思う人もいるかもしれません。しかし、例えばウェブサイト作成やアプリの作成などは専門知識がなければできないですが、ブログの記事を書くことなどは誰でもすぐに着手できる仕事です。子育て中の主婦が空いた時間を使って記事を書くこともできますし、外出する必要がないため、持病があるなどという事情がある人でも心配いりません。
ライティングの場合、仕事にはタスクとプロジェクトというものがあります。タスクというのは「これに関する記事を10本募集します」といったもので、プロジェクトというのは「これに関する記事を書ける人を募集します」といったものになります。プロジェクトの方が記事の単価は高くなりますが、下調べなどが必要となることもありますし、修正を求められることもありますのでタスクを好む人も少なくありません。その一方で、プロジェクトにはクライアントから直接依頼を受けることによって安定した仕事を得るというメリットもあります。
最近では、アフィリエイトで仕事をする人は身分証明書等の提出が求められるようになり、本人確認が徹底されつつあります。例えばランサーズでは身分証明書を提出しなければ報酬を銀行口座に振り込んでもらうことができません。その一方でクライアントは身分証明書などを提出する必要がなく、仕事をしている人たちの中では、悪質なクライアントもいるとして注意が必要だと言われています。
お小遣い稼ぎに毎月20,000円から30,000円稼ぎたい、という理由で仕事を始める人もいますし、家計を支えるために毎月100,000円近く稼ぎたいという人もいます。このような在宅ワークは自分のペースで実行することができるため、様々なライフスタイルに合わせた働き方が可能です。だからこそ、これからももっと普及していくと考えられています。

働き方改革でさらに進化する在宅ビジネス

日本の政府が以前から推し進めてきた在宅ワークがあります。
これは、今に始まったことではなくテレワークなどを活用して鉄道や道路の混雑緩和を目的に一般社会に浸透していました。

ところが、その頃は通信事業がまだ確立していない状態でしたので、ほとんど仕事そのものがありませんでした。
しかし、インターネット上の取引の安全性、通信範囲の拡大と料金の引き下げなどに伴って、在宅で仕事をすることが可能になりつつあります。この場合のメリットは、交通の緩和や勤務時間の短縮などに繋がります。

ところで、社会人として働くサラリーマンの多くが副業を禁止されていますが、近年になって新たな雇用を生むため、また社員の生きがいを大切にするため、副業を認めている会社も増えています。

今までの中小企業を含む会社のビジネスモデルでは考えられない制度です。なぜなら、副業のために本業に集中してくれない社員が現れるかもしれないからです。

このビジネスモデルが現れるようになった大きな要因は、少子化です。新入社員が今では新卒は30歳までと決められていますが、企業は優秀な若手人材をとても欲しがっています。そのため、会社側としても待遇の条件を魅力的なものにしなければならなくなりました。要するに自社に来てほしいと思わせるような戦略が必要になってきたのです。

なお、そればかりではありません。在宅ワークという手段を用いる会社も出てきました。最近では、Web関連のシステムエンジニア・プログラマは在宅にいながら仕事ができるとして、注目を集めています。このWeb関連のシステムではPHPやJavaScriptなどのオープン系のプログラミング言語を用いていることが大きな特徴です。

また、趣味としてホームページを作っているシニア世代の方々も業務に参入できるとして雇用の上ではとても需要があり、同時に供給もあるような状態になってきました。

実際のところ、自らがホームページを作ってアピールして仕事を得る、直接型の人もいますが、今はクラウドソーシングサービスサイトを利用して活躍の場を広げている在宅ワーカーも増えました。

そしてさらに、AIの登場によって、事務的作業や危険な建築作業、受付サービスなど人間が直接関わる業務が減ることで、ネットビジネスや在宅ワーカーが増えています。

そして、現在のところはそのAIの精度を高めるために単純な作業を繰り返し行ってAIに覚えさせる仕事が当分の間続きます。そうすると、人間が扱う作業は減ってしまいますがものが豊かになるという面ではとても喜ばしいことと思います。